苦笑。ちょっと変わった海外旅行でのトラブル

LINEで送る
Pocket

モロッコ

お土産屋さんで、雑貨を値切っていると、「ビンボー!」と言われた。

お土産屋さんで、雑貨を見ていると、「ビンボープライス!」と言われた。

cimg5643

Photo by Shinya

 

バングラデシュ

2泊しかできないバングラデシュの旅行。

到着した初日にストライキが発生し、「外にでるな!」と言われ、辛うじて開いていた近くのカフェにずっといた。

海外ではどこの国でもストライキは日常茶判事です。

 

カナダ

続けて、もう一度ストライキの出来事。

カナダでもよくストライキが起こるのですが、ひどかった2つをご紹介。

①学校の先生がストライキを起こし、合計半年間が休みとなったらしい。

②ごみ収集される方がストライキし、街中ゴミだらけになったらしい。

fist-424500_960_720

Photo by Pixabay

 

ドイツ

電車に乗ろうと、チケットを買おうとするも、どうも買えない。

クレジットカードも使えない。

仕方ないので、電車の中で買おうと思い乗り込むと、「無断乗車!罰金!」と言われた。

券売機が壊れていても、なんとかして購入してから乗車しましょう。

 

UAE

インドのムンバイから、UAEのドバイへ移動。

E-チケットに、「ムンバイ→アブダビ→ドバイ」と書いてあったため、アブダビで乗換えて、飛行機でドバイに向かうと思っていた。

しかし、実際には、アブダビからドバイは、飛行機ではなく、バスであった。

航空券購入の際、飛行機ではなくバスで予約されることがあることを知っておいてください。

burj-al-arab-690768_960_720

Photo by Pixabay

 

モロッコ

再び、モロッコ。マラケシュのフナ広場にて、オレンジジュースを買おうと思ったら、「安くするぞ!」「こっちの方が安いぞ!」「俺はもっと安いぞ!!」となり、

交渉していないのに、5DH(約50円)が勝手に2DH(約20円)に下がった。

 

アメリカ

ニューヨークで、「ブロードウェイ駅」の近くに宿泊予定でテンションが上がっていたが、あのミュージカルで有名なブロードウェイとは全然違った場所だった。

times-square-277118_960_720

Photo by Pixabay

 

ベトナム

飛行機に乗り込み、いざ離陸!

すると、アナウンスが流れて、空港に引き返す。

この時点で、何名かは危険を感じ、飛行機を降りました。

再度点検が終わったようで、今度こそ無事離陸!

と思いきや、またまたアナウンスが流れて、空港に引き返す!

さすがに、ほぼ全員の乗客が降りていきましたが、三度目の正直を信じて乗り続けることを決めました。

 

アンドラ公国

夜食にインスタントラーメンを食べようと思い、お湯をもらえないかとお願いしたところ、「お湯、お皿、ナイフ、フォーク、テーブル掛け」などいかにも高級店に並びそうなものをズラリと部屋まで運んでくれた。

失敗?ではないですね。

dsc01993

Photo by Shinya

 

ベトナム

ベトナムのホーチミンにて、自転車やバイクの多さで有名ですが、案の定バイクにひかれました。

痛いとかよりも、恥ずかしい気持ちになったのは、なぜだろう。

 

フィリピン

長期滞在であったため、服をクリーニング屋に持っていくと、翌日、火事が起こってクリーニング屋が真っ黒になっていた。

 

世界中で

いかにも偽物ブランドのものを売っている方々。

「これ本物?」と聞くと、「ニセモノ!ヤスイ!」と馬鹿正直に、しかも日本語で答えてきます。

lion-1275090_960_720

Photo by Pixabay

LINEで送る
Pocket