これは過酷かも!万里の長城マラソン

LINEで送る
Pocket

「世界遺産を走るマラソン」は世界中に多く存在するが、正確には「コースの一部分が世界遺産」と言うものが多い。

しかし「万里の長城マラソン」はその名の通り、万里の長城をひたすら走るマラソンだ。

日本のゴールデンウイークに開催されることで、日本人にも人気上昇中!今回は万里の長城マラソンをご紹介します。

 

万里の長城のコース

コースのほとんどが万里の長城そのもので、それゆえアップダウンも非常に激しいコースとなっています。

アップダウンと言うよりも、階段となっている場所も非常に多く、もはやロッククライミングのような感覚です。

しかし、万里の長城を走ることなんて、なかなかできることではないので、一度は挑戦してみたいですね。

the-great-wall-416366_960_720

Photo by Pixabay

 

エントリー方法と参加費用

万里の長城マラソンには日本語サイトがあり、ここからエントリーもできてしまうため、大変ありがたいサービスです。

また、参加案内や写真サービスなども用意されています。

気になる参加費用は、ホノルルマラソンと同等の25,000円(エントリーサイトによって異なるかもしれません)。

やや割高ですが、コースがコースだけに、これくらいかかるのではないでしょうか。

http://greatwallrun.com/

 

必要な日程

北京からバスもしくはタクシーでスタート地点まで移動するため、滞在日数は少なくてすみます。

日本から直行便で北京に行く場合、2泊3日で行けるため、お仕事がお忙しい方でも参加しやすい大会だと思います。

余談ですが、種目は5km、10km、ハーフといろいろありますが、フルマラソン参加希望の方は、4時間以内完走経験者あるいはウルトラマラソン経験者が基準とのことで、どれくらいハードなコースかが伺えます。

great-wall-201465_960_720

Photo by Pixabay

 
 

LINEで送る
Pocket